支給金額

障害年金金額は1年ごとに違ってきます障害基礎金額は1級だと約97万円、2級だと約78万円です。子供がいる方は、20歳未満であって障害級が1級・2級の場合障害の状態にある子供に限られます。1人につき約22万円、3人目以降ですと1につき約7万4千円くらいです

厚生年金加入者のサラリーマンの方やOLの方ですとダブルでもらえます。お給料の額で金額は決まります。65歳未満の配偶者がいる家庭ですと約22万円ほどもらえます。障害年金の審査は書類だけで行われるので手続き上記入に間違いないことと、障害の状態、治療や日常生活についてなど記入し、受理されれば年金証書が届き支給されます。

注意点は1年ほどで年金がもらえなくなるケースもあります。1度受給されたらこの先ずっと受給される訳ではありません。一定期間ごとに医師の診断結果を提出する必要があります。診断書で診査されますので、診断書がないと受給されません。障害基礎年金と児童扶養手当はどちらか1つの選択です。老齢年金と一緒に障害者特例の請求も忘れずにして下さい。障害年金と老齢年金は一つしか選べません。年金額が多い方を選ぶことになります。加入してないともらえなかったり、同時請求できなかったりするので注意し、申請する前に確かめて下さい。

障害年金受給資格

障害年金受給資格というと、障害手帳に記載されている各種障害手帳(身体・療育・精神)を見ると年金と関係しているのかと思ってしまいますが、これは間違いで全く関係ありません。障害状態とは、1級・2級・3級とあり、例えば身体でいうと1級は身体の機能障害、長期安静など。2級は日常生活が困難で色々と制限がある。3級は関節に機能障害を残すものなどです。級により違ってきます

障害年金は3級も支給対象ですが、最低補償額が設定されてしまい、年金額が下回ってしまう場合最低補償額が支給されることになります。また、65歳以上で障害基礎年金だけをもらっている方は(1級・2級出ない人)3級の最低保障金額を支給されます。

1級・2級の方は障害基礎年金の他に配偶者加給年金も一緒にもらうことが出来ます。配偶者加給年金とは、65歳時点で生計を維持している配偶者や子供がいる場合加給されることをいいます。こちらも別で手続きがありますので65歳以上の方は注意し申請して下さい。

障害年金についての無料相談や申請代行というのもあります。困ったときや自分一人じゃ出来ない時は無料で出来るので試してみるのもいいです。無料電話相談や、メール相談、面談とパターンがありますので自分に合った相談で試してみて下さい。

働く人でも受給可能

障害年金は働いている方でも条件を満たしていればどなたでも受給可能です。受給条件とは、まず1つ目は障害状態である事、2つ目は保険料を一定期間以上未納にしていないで支払っていること(支払っていない期間が長いと受給は難しい)この条件2つがクリアしていればもらうことが出来ます

ですが注意して欲しい点もあります。精神状態で受けている方です。働くことで精神的に状態が回復し安定してしまったと年金機構の方が判断してしまうと、受給停止になってしまう可能性があります。働いているから停止になるのではなくて、働ける状態まで精神的に回復してしまうと、停止されてしまいます。

働くことや日常生活に制限がある事を認めてもらえる場合は、働きながらでも障害年金をもらい続けることは可能です。もし停止されても、悪化した場合などは再度もらうことが可能です。心配な方は、申請の際いただいた書類を元に、わからなければ、ネットにも詳しく説明が載っていますし経験者の方の口コミもありますので、参考にしてみて下さい。

障害者年金を必要としている方は、受給停止になってしまうことはとてもきついことです。無理の内容に自分が出来る範囲でし仕事や生活を送って下さい。

参考リンク<障害年金の基礎知識 |障害年金申請 手続き代行サポート 【白石社会保険労務士事務所】 全国対応

障害年金の対象疾病

障害年金の対象となる疾病とは、厚生年金、国民年金や共済年金と同じように老齢、遺族年金も公的年金の一つです。これらの年金は、障害を持ったことで日頃の生活に支障が出ないように働く際や生活を送るとき困難がある方に支払われる年金です。年金というと65歳以上でないともらうことは出来ませんが、65歳未満でももらえる年金が障害年金です。例えば、けがや病気が原因で身体的や精神的に障害だある方、仕事や生活をする上で支障が出てしまう方などです。

しかし、けがをしているから、病気だからと簡単に支払われる訳ではありません。申請手続きなど結構な時間がかかるのと、申請したからと言ってすぐ受け取ることも出来ません。年金請求書を提出してから3ヶ月位はかかります。支払いされる前に、依頼者宅に年金証明書や、年金決定通知書が届きます。決定内容や金額等間違えがないか確認もしっかりしてください。年金証明書が到着した後、約50日後に最初の振りみがされます。その後偶数月ごとに2ヶ月分ずつ振り込まれるかたちです。

けがや病気、障害でも対象になる項目とそうでない項目があります。傷病」はほとんどが対象となります。例えば、神経系、呼吸器疾患や肝疾患、高血圧に関係するものです。ですが、神経症や人格障害は対象外になってしまいます。申請する際は必ず申請する前に確認が必要です。

注意点では、65歳以上の方は受給出来ません。65歳以上の方全員ではありませんが、場合にもよるので心配な方は一度相談することをおすすめします