働く人でも受給可能

障害年金は働いている方でも条件を満たしていればどなたでも受給可能です。受給条件とは、まず1つ目は障害状態である事、2つ目は保険料を一定期間以上未納にしていないで支払っていること(支払っていない期間が長いと受給は難しい)この条件2つがクリアしていればもらうことが出来ます

ですが注意して欲しい点もあります。精神状態で受けている方です。働くことで精神的に状態が回復し安定してしまったと年金機構の方が判断してしまうと、受給停止になってしまう可能性があります。働いているから停止になるのではなくて、働ける状態まで精神的に回復してしまうと、停止されてしまいます。

働くことや日常生活に制限がある事を認めてもらえる場合は、働きながらでも障害年金をもらい続けることは可能です。もし停止されても、悪化した場合などは再度もらうことが可能です。心配な方は、申請の際いただいた書類を元に、わからなければ、ネットにも詳しく説明が載っていますし経験者の方の口コミもありますので、参考にしてみて下さい。

障害者年金を必要としている方は、受給停止になってしまうことはとてもきついことです。無理の内容に自分が出来る範囲でし仕事や生活を送って下さい。

参考リンク<障害年金の基礎知識 |障害年金申請 手続き代行サポート 【白石社会保険労務士事務所】 全国対応

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です