障害年金受給資格

障害年金受給資格というと、障害手帳に記載されている各種障害手帳(身体・療育・精神)を見ると年金と関係しているのかと思ってしまいますが、これは間違いで全く関係ありません。障害状態とは、1級・2級・3級とあり、例えば身体でいうと1級は身体の機能障害、長期安静など。2級は日常生活が困難で色々と制限がある。3級は関節に機能障害を残すものなどです。級により違ってきます

障害年金は3級も支給対象ですが、最低補償額が設定されてしまい、年金額が下回ってしまう場合最低補償額が支給されることになります。また、65歳以上で障害基礎年金だけをもらっている方は(1級・2級出ない人)3級の最低保障金額を支給されます。

1級・2級の方は障害基礎年金の他に配偶者加給年金も一緒にもらうことが出来ます。配偶者加給年金とは、65歳時点で生計を維持している配偶者や子供がいる場合加給されることをいいます。こちらも別で手続きがありますので65歳以上の方は注意し申請して下さい。

障害年金についての無料相談や申請代行というのもあります。困ったときや自分一人じゃ出来ない時は無料で出来るので試してみるのもいいです。無料電話相談や、メール相談、面談とパターンがありますので自分に合った相談で試してみて下さい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です