支給金額

障害年金金額は1年ごとに違ってきます障害基礎金額は1級だと約97万円、2級だと約78万円です。子供がいる方は、20歳未満であって障害級が1級・2級の場合障害の状態にある子供に限られます。1人につき約22万円、3人目以降ですと1につき約7万4千円くらいです

厚生年金加入者のサラリーマンの方やOLの方ですとダブルでもらえます。お給料の額で金額は決まります。65歳未満の配偶者がいる家庭ですと約22万円ほどもらえます。障害年金の審査は書類だけで行われるので手続き上記入に間違いないことと、障害の状態、治療や日常生活についてなど記入し、受理されれば年金証書が届き支給されます。

注意点は1年ほどで年金がもらえなくなるケースもあります。1度受給されたらこの先ずっと受給される訳ではありません。一定期間ごとに医師の診断結果を提出する必要があります。診断書で診査されますので、診断書がないと受給されません。障害基礎年金と児童扶養手当はどちらか1つの選択です。老齢年金と一緒に障害者特例の請求も忘れずにして下さい。障害年金と老齢年金は一つしか選べません。年金額が多い方を選ぶことになります。加入してないともらえなかったり、同時請求できなかったりするので注意し、申請する前に確かめて下さい。

Pocket